特集記事

水冷プレート ~使用効果~

このエントリーをはてなブックマークに追加
水冷プレート写真

水冷プレートは発熱体を冷却する為に使われます。。。

と、言ってもわかりにくいですので、
水冷プレート”未使用時”と”使用時”の発熱体の温度をサーモグラフィで比較する簡単な実験を行ってみます。


実験に使用する道具はこちら

  • 発熱体:この銅ブロックヒーターを発熱体に見立てます。
    実際の発熱体は、モーターや集積回路など様々です。

    • 銅ブロックヒーター
  • 水冷プレート:銅パイプとアルミプレートをかしめ接合したものです。
    銅パイプの中に冷却水(実験では水道水)を流し、プレートに接触する発熱体を冷やし続けます。

    • 水冷プレート準備

実験結果がこちら

水冷プレート未使用時と使用時のサーモグラフィを比較すると、違いが明らかですね。

水冷プレート
“未使用時”
水冷プレート
“使用時”
熱電力 400W 400W
水冷プレート 無し 有り
(水冷プレートの上に発熱体を載せています)
冷却水 水道水(約22℃)
写真 銅ブロックヒーター 銅ブロックヒーター+水冷プレート
サーモグラフィ ヒーターサーモグラフィ ヒーター+水冷プレートサーモグラフィ
発熱体表面温度 MAX 342.1℃ MAX 103.2℃

水冷プレートに関しては是非弊社にお問い合わせください。

このエントリーをはてなブックマークに追加