アパカバへようこそ
介助タイプ
子供用タイプ
一般車タイプ
一般車タイプ
フルリクライニング           タイプ
スイングアウトタイプ
超軽量タイプ
電動昇降椅子
電動昇降椅子
コンパクトタイプ
コンパクトタイプ
子供用タイプ
介助タイプ
フルリクライニングタイプ

マグネシウムフレーム車椅子

オリジナル製品
オーダー商品です。
オリジナル製品
写真をクリックすると
拡大写真を表示します。

特殊機器製造部

製造・販売品目
  ・車いす
 ・歩行器
レンタル品目
 ・介護用ベッド
 ・床ずれ防止器具
 ・その他介護用品全て

 特殊機器製造部では、身体に障害のお持ちの方や、ご高齢者の方向けにオーダーメイドにて、車いす・歩行器の設計・開発・製造・販売・アフターサービスを行なっております。
 メーカーとして一貫した製造及びサービス体制を引きご利用者様の声を直接お聞きして、ひとり一人に合ったご要望にお応えするべく個別設計し、提供させて頂いております。
 また、メーカーならではの強みとも言える、ご使用後の身体の変化に応じた変更(
車いすの改造)にも、素早く対応する事が出来る体制を調えております。ご要望に対する迅速な対応や、ご希望に沿った改造を、当社にて高品質・短納期・低価格で行なえる事が最大の強みです。
 工場はもちろん日本国内ですので
メイドインジャパンです。
 その他、医療現場の皆様のご要望にお応えするべく、ご依頼の様々な製品を製造いたします。
 地域の医療機関や介護施設の皆様と一緒になってサポートさせて頂きたいと考えており、今後益々高まっていく高齢化・バリアフリー化社会を見据えて、弛まぬ製品開発を行なっております。
 もちろん様々な福祉用具(車いす・歩行器等)の製造・販売や介護保険法に基づいた医療機器(介護用ベッド・床ずれ防止器具・入浴関連用品・排泄関連用品)の
レンタルサービスも行っております。
 是非、お声かけを頂ければ幸いです。

TOPIC

バランシングマシン

精密加工事業部では長浜製作所製,横形バランシングマシンを導入いたしました。
多品種少ロット生産品のバランシングに対応する、 横形バランシングマシン。
精度、操作性、 画面表示の異なる標準化された計測装置や、ロータの種類に合った
駆動装置などが標準的に用意されておりますので目的に合った最適な バランス調整ができます。
立旋盤

立旋盤

精密加工事業部ではOM製作所製の立旋盤を導入いたしました。
高速・重切削・高精度を誇る当社の立旋盤は最大旋削外径φ1000、最大振りφ1250、そして高さ800mmの製品を加工可能です。
また、加工ワークの特性にあわせて4方向からクランプができる単動4ツ爪チャックテーブルを有し、加工対象製品の形状にとらわれないフレキシブルな加工に対応いたします。

戻る

立旋盤
バランシングマシン
←トップへ戻るときはこちらから
立型マシニング VM900
ジャンプします。
クリックしてください
TOPIC
TOPIC
   
主要加工設備一覧
          
設備名 メーカー 年式 台数 型式 仕様
立型マシニング
拡大写真 @
OKK 2006年 ×1 VM900 X=2060
Y=940
Z=820
S=12000rpm
立型マシニング OKK 2004年 ×1 VM5V X=900
Y=510
Z=510
S=8000rpm
立型マシニング 森精機 1997年 ×1 MV-40B/40 X=800
Y=400
Z=510
S=6000rpm
ロボドリル FANUC 2005年 ×2 ROBODRILL
α-T14iEe
X=500
Y=400
Z=300
S=10000rpm
タッピングセンタ BROTHER 2005年 ×3 TC-S2C X=450
Y=350
Z=300
S=16000rpm
複合型NC旋盤
拡大写真A
森精機 2007年 ×1 NL2500 チャック10吋
チップコンベア付き
S=6000rpm
NC旋盤 オークマ 1998年 ×1 LCS-15 チャック8吋
S=3000rpm
NC旋盤 ヤマザキマザック 2002年 ×1 159099/QT-6T チャック6吋
S=6000rpm
縦型NC旋盤 OM製作所 2009年 ×1 Omega50 チャック36吋
Z=700
S=800rpm
ワイヤー放電加工機 三菱 1995年 ×1 DWC90SD X=300
Y=250
Z=100
全自動CNC
自動溝入工具研削盤
和井田製作所 2003年 ×1 GIG-21
汎用フライス盤C 牧野フライス 1960年 ×2 KVJP-55
汎用旋盤 滝沢鉄工所 1985年 ×1 TSL-550D
成型研削盤 三井 1980年 ×1 PFG-450 X=300
Y=100
成型研削盤 岡本 1992年 ×1 23191-CRL-20X X=450
Y=150
両頭フライス盤 BBS金明 1998年 ×1 TM30A ストローク
300〜25
プレス機 三起精工 1993年 ×1 STK-1710-50 テーブルサイズ
1700×1000
加圧能力 50ton
プレス機 アマダワシノ 1990年 ×1 PUX25 KRC 加圧能力 25ton
卓上プレス機 J.A.M 1998年 ×3 LPN505S 加圧能力 5ton
シャンク穴
φ25×60Lmm
センターレス研磨機 大宮マシナリー 1992年 ×1 OC-18HS-1 長尺レール 有
MAX 2000mm
CAD/CAM 写真B Mastercam 都度更新 ×1 Mastercam
投影機 ミツトヨ 1990年 ×1 PJ250
三次元測定器
拡大写真C
東京精密 1995年 ×1 PA-1000A-V X=600
Y=800
Z=600

精密加工事業部では、お客様からお預かりした図面を基に素材を選ばず(鉄・非鉄・銅・アルミ・真鍮・鋳物・樹脂・セラミック・絶縁材等)また少品種少量生産から量産品まで幅広い対応でお客様のご要望にお応えいたします。
 また、ご要望により自動機設計もお受けいたしております。
 最新設備と高い技術・高い品質管理で、短納期・低価格でご提供いたします。
 ISO9001の認証取得(平成18年11月)による品質保証体制により、お客様のニーズにお応えして参ります。

精密加工事業部

スイングアウト
      タイプ
超軽量タイプ
←トップへ戻るときはこちらから

画像をクリック

戻る

素材を選ばず精密部品を切削いたします
品質保証

品質保証

IOS9001登録証 拡大表示はクリック

付属書
登録証

1.総合的な品質の提供
  
お客様の期待に応えられる安定した事業母体を構築し本質的な品質改善と総合品質保証を支えます。
2.企画からの機能・品質のつくり込み
  
現在から将来に亘るお客様のご要求事項を的確に捉え製品特性や製造方法に初期の段階から品質をつくりこみ新しい価値を創造します。
3.地球は一つ
  
地球環境に優しく、社会の良き一員としての認識を常に持ち、環境負荷軽減を意識した生産・品質向上活動を進めます。
4.全員参画の継続的改善
  
製品及び品質マネジメントシステムの継続的な改善を現場主義に徹しながら社員全員で進め、かつ、継続的改善を維持する社員の育成を図ります。

お客様の期待に応え、ご満足して頂ける製品群の創出と当社のものづくりに持続的信頼を得ることを目指して次の品質方針を掲げます。

品質方針

ウエカツ工業株式会社 電子、テープ、精密加工の三事業部と
ウエカツ工業マレーシア株式会社は、
「品質保証システム ISO9001:2008」の認証取得をしています。

戻る

会社概要
会社沿革
品質保証
テープ事業部
電子事業部
精密加工事業部
特殊機器製造部
マレーシア工場
クリックしてください!
ウエカツ工業株式会社
UEKATSU
造るから「創る」へ
UEKATSU INDUSTRY CO.,LTD
経営理念
環境基本方針
お問合せお問合せ

Wellcome to UEKATSU's HOMEPAGE     

霊峰 妙高山を望む
会社沿革

戻る

戻る

戻る

戻る

昭和18年 3月 植木勝信が現在の上越市幸町に植勝テープ工場を設立
昭和26年 4月 株式会社に改組、初代代表取締役に植木勝信就任
昭和28年 3月 代表取締役に植木フミ就任
昭和59年 4月 社名をウエカツ工業株式会社へ変更
テープ事業部・電子事業部の二事業部制を引く
昭和63年 4月 代表取締役に小柳雄司就任
平成 6年 9月 メディア関連事業新設、操業開始
平成 8年 4月 三和西部工業団地に工場新設、操業開始
平成 9年10月 代表取締役に小林清作就任
平成12年 8月 電子事業部 ISO9002 認証取得
平成12年 9月 電子事業部 脇野田工場を新設、操業開始
平成16年 6月 電子事業部 三和工場増設
平成17年 1月 テープ事業部・電子事業部・精密加工事業部の三事業部制を引く
本社を東本町に移転
平成17年11月 テープ事業部、三和西部産業団地に工場新設、操業開始
第39回「中小企業研究センター賞特別奨励賞」を受賞  英語版
平成18年 1月 テープ事業部 ISO9001 認証取得
平成18年 9月 精密加工事業部 三和工場新設
平成18年11月 電子事業部 三和工場増設
精密加工事業部 ISO9001 認証取得
平成19年 4月 特殊機器製造部新設、操業開始
平成20年 4月 第25回「新潟県経済振興賞」を受賞
平成20年 8月 ウエカツ工業マレーシア株式会社を設立、操業開始
平成21年 3月 脇野田工場の工程設備を三和工場へ移設統合
平成21年11月 上越市本町五丁目に福祉用品店『アパカバ』開店
平成22年 3月 ウエカツ工業マレーシア株式会社 ISO9001:2008 認証取得
←トップへ戻るときはこちらから
  
社  名 ウエカツ工業株式会社
UEKATSU INDUSTRY CO.,LTD. 
URL http://www.uekatsu.co.jp 
E-mail : info@uekatsu.co.jp
 
代 表 者 代表取締役 小林 清作    社長よりご挨拶    
創  業 昭和18年(1943年)
設  立 昭和26年(1951年)
本  社 〒943−0825
新潟県上越市東本町5丁目2番2号
TEL 025−522−2448
FAX 025−522−5510
従 業 員 180名(平成21年7月現在)
資 本 金 3,000万円
事業内容 ハードディスク用アルミ基板の製造 
細幅織物製造(ガラステープ・カーボンテープ・アラミドテープ・アルミナテープ等)
 
精密加工部品製造(アルミ素材・プラスティク素材等各種素材)
 
医療機器の製造(車いす・歩行器等)
 
事業所・拠点 本社/電子事業部東本町工場 
電子事業部/三和工場 
テープ事業部/幸町工場 
テープ事業部/三和工場 
精密加工事業部 
特殊機器製造部工場  
マレーシア工場 
東京営業所 

沿革

←トップへ戻るときはこちらから
←トップへ戻るときはこちらから
←トップへ戻るときはこちらから
←トップへ戻るときはこちらから
←トップへ戻るときはこちらから
戻る
テープ事業部
テープ製品

 テープ事業部ではガラス繊維を主材として織る・編む技術で電気絶縁用・工業用織物等、あらゆる分野に使用されている細幅織物・テープ・ガラス織物・ガラステープの製造を行っています。
 ガラス繊維を主体に、時代の最先端のカーボン繊維・アラミド繊維・アルミナ繊維などに素材を代えて、今なおテープ事業部は市場そして時代の要請に適確に応えています。
 糸状のものであれば何でも織り上げる技術は、お客様のニーズ(厚み、幅、強度、耐熱、耐湿、耐酸)にあった製品を提供致します。
 郷土の伝統工芸バテンレースに端を発した織りの歴史に、新素材で新たなページを加えていきます。

テープ事業部 製品紹介
アルミナテープ
テクノーラテープ
テーパーバンド
ガラステープ
フィットテープ
ポリエステルテープ
ガラス+銅線テープ
カーボンテープ
ケプラテープ
(写真をクリックしてください)
会社概要

概要

ハードディスクの
内部写真は
クリックしてください
HDD
ハードディスク外観
基板

多用途に拡大し続けるハードディスク装置 HDDは、大容量高密度化技術によって、今後も益々需要が拡大していくものと期待されています。
 当電子事業部では、このHDDに組み込まれる媒体主要構成部品の一つであるアルミニウム製HD用基板(アルミ・グラインド・サブストレート)の開発、製造そして販売を行っております。
 当社の基板は、独自の旋盤加工技術と精密研磨加工技術によって作られ、市場の要求特性を先取りした開発とそれに生産性も加味した製造技術、更に源流からの品質管理の充実を基盤にしたものづくりによって、表面の特性・品質両面から、進化する記憶密度の向上を支えています。
 主な製品サイズは、3.5、3.3、2.75、2.5インチを持ち、各種板厚に対応し、世界トップクラスの生産数を有しています。
 この総合力は、今後予想される更なる記憶密度向上を目指す記録方式の変化にも対応できると言えます。更に弊社の多様な研磨製品における基本技術の礎となっています。

電子事業部

アパカバ美術館

各事業所 所在地案内

本社/
電子東本町工場
テープ事業部
幸町工場
精密加工事業部 マレーシア工場
電子事業部
三和工場
テープ事業部
三和工場
特殊機器製造部 東京営業所
霊峰 妙高山を望む
認定証(クリックすると拡大します。)
UKAS MANEGEMENT
Standrds Malaysia
ウエカツ工業マレーシア株式会社は、2010年3月17日
「品質保証システム ISO9001:2008」の認証取得をしました。
クリックしてください
UIM地図
←トップへ戻るときはこちらから
UIM front view

マレーシア工場

UEKATSU INDUSTRY (Malaysia)sdn.bhd.

ウエカツ工業マレーシア株式会社

 ウエカツ工業マレーシアは、ウエカツ工業グループ初の海外拠点として、2008年1月にマレーシアの北部に位置するスンガイペタニ市に設立され、同年8月には商業生産を開始しました。
 主要生産品目は、電子事業部同様、磁気ディスクドライブ(HDD)に使用されるアルミニウム製基板です。

 需要地生産の考えより、関連事業が集中するマレーシアに工場を建設することにしました。日本とマレーシアの二拠点で生産することにより、需要変動が激しい当該業界においてお客様のご要望に臨機応変に対応できる体制が実現いたしました。また、現在国内で使用しているものと同じ機械設備を導入し、原材料、加工法、その他一切を日本と共通にするとともに、マレーシアで採用したスタッフに対し日本で徹底した教育訓練を施す一方、日本からも多くの技術スタッフを派遣し世界同時品質を具現化するための取組みを行っております。

戻る

@

C

B

A

3次元測定器
CAD/CAM
複合型NC旋盤 NL2500
画像をクリックすると動画が再生します。
画像をクリックすると動画が再生します。
動画が動かない場合は下のリンクから
Windows Media Player をインストールしてください。
Windows Media Player
超軽量タイプ
電動昇降椅子
NEW チルトタイプ
マグネシウムフレームタイプ
NEW チルトタイプ

チルトタイプ車椅子

マグネシウムフレームタイプ
少ない重心移動
従来より傾斜角度アップ
フレームにマグネシウムを
使用することで
超軽量(7.9kg)化を実現
更新履歴(新着5件まで)
 2012.05.02 トップページ写真更新
 2012.01.30 「アパカバ美術館」 更新
 2011.12.06 「アパカバ美術館」 新作追加
 2011.09.22 ISO登録証・付属書を更新
 2011.08.30 「アパカバヤフーショップ」開店